あさひ 2021年2月期決算&新中期経営計画「VISION2025」発表

■今日の気になるニュース

あさひの2021年2月期の決算発表がありました。以下決算説明資料の概要です。

<実績>

f:id:kanamimamite:20210405215501p:plain

  • コロナ禍による自転車需要増加を取り込み対前年116%の過去最高の売上高。利益も規模拡大を主要因とし過去最高益。

<今期 通期計画>

f:id:kanamimamite:20210405220016p:plain

  • 20年2月期と同程度の売上高を見込むも、営業利益は販管費の増加により-14億円。営業利益率が9.9%から7.8%まで下落する見込みとなっております。
  • 新型コロナウイルスがいつ収束するかは現時点では判断つかず、コロナ特需は継続するものの昨年と比較して限定的なものと想定。
  • また、今年は新中期経営計画「あさひVISION2025」の初年度ということで、店舗関係(収益性重視の新規出店、旧型店舗の再活性化、都市型店舗等新形態店舗)、顧客関係強化のための情報発信ツール、物流機能強化等への投資を実施していくとのこと。
  • そのため、将来の成長投資含め、販管費の増加等を保守的に見ているようで、その結果営業利益は抑えめの予想としているようです。

<販管費増加の内容>

f:id:kanamimamite:20210405220843p:plain

  • 販管費の増加15億円のうち、人件費増加が半分の7.7億円。次いでその他(支払手数料等の増加)で5億円。あとは物流費で1億円とのこと。
  • 人件費の店舗要員の適正化というのはこれだけだとちょっとよくわからないですね。従業員がモチベーション高く働けるように金銭的な施策を予定しているのでしょうか?店舗のスタッフが嫌々自転車を売っていたら買いに行く方も買う気がなくなってしまうので、従業員がモチベーション高く働ける労働環境にしようというのは長期的な視点で見ればいい取り組みなのかもしれません。

<前中期経営戦略VISON2020の総括>

f:id:kanamimamite:20210405223451p:plain

  • 前中期経営計画の結果は、売上・営業利益ともに達成しており、2020年度を中期経営計画の達成年度に設定しているところも多いですが、多くの企業がコロナを理由に中期経営計画を達成出来なかったことはやむなしというような雰囲気の中(私の会社もその一つです)、この結果は素晴らしいと思います。

<新中期経営計画「VISION2025」>

f:id:kanamimamite:20210405224045p:plain

f:id:kanamimamite:20210405224104p:plain

  • 新中期経営計画は、自転車という軸はブレずに控えめな目標数値を設定して、派手さはないけど着実に成長していこうという会社としての方針が見えます。
  • 今期の計画も控えめな数値ですけど、あんまり派手なことは言わない真面目な会社なんだろうなと思います。
  • だいたい、どこの会社も中期経営計画となると、バカの一つ覚えみたいにM&Aとかグローバル展開といった聞こえの良い派手な単語を使いたがるものですが、そのような単語はなく、自転車を軸とし、市場の拡大や今やっていることの深耕(垂直統合体制の最適化)、顧客価値提供というところに注力していくことを宣言しており、非常に好感が持てます。

<明日の株価は?>

明日の株価はどうなるでしょうね?21年2月期だけみれば、過去最高の実績となり、中期経営計画も達成しているわけで、非常に素晴らしいと思いますが、なぜかニュースでは、22年2月期が前期と比べて営業利益が落ちることばかり強調されてしまっている気がします。

今の株価が今回の決算発表の内容を織り込んでいるとも思えないので、これ以上下がらないで欲しいなとは思いつつも、なんとなく明日は下がってしまう気がします。

今回の決算発表後に含み損が残ったら損切りしようかと思っていたのですが、決算説明資料の中期経営計画の内容と最後のページに出ていた企業理念を見て、改めていい会社だなとも思ったので、明日損切りするかどうか一晩悩みます。

f:id:kanamimamite:20210405224754p:plain

SBI証券[旧イー・トレード証券] SBI証券[旧イー・トレード証券]