ピーター・リンチの株で勝つ

■ ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け  – ピーター リンチ (著), ジョン ロスチャイルド (著)

米国の伝説の大投資家ピーターリンチの「株で勝つ」は何度読んでも勉強になる素晴らしい本です。その中で印象に残っている内容を備忘録も兼ねてご紹介します。

 

 <カクテル・パーティー理論>

バブルとはこういうものだということをたとえ話で分かりやすく説明してくれているものです。なるほどなあ、と思ってしまいます。この理論でいくと今はバブルですね。

第1段階:過熱感全くなし
  • パーティーでは誰も株の話をしない。リンチが株式トレーダーであることにほとんど関心なし。株の話よりもバスケットボールや次の選挙、天候の話題が中心。

  • 株価が低迷していて、相場がまだ若く誰も上がる期待を持っておらず、人々の関心を引いていない証拠。

第2段階:過熱感ほぼなし(第1段階より株式市場が15%ほど上昇)
  • 株式トレーダーのリンチに対して、パーティーの出席者は「株式市場がどんなにリスキーか」等と話してくれるが、全体としては、まだ一般の関心は薄い。

第3段階:過熱感出始め(第1段階より株式市場が30%ほど上昇)
  • 一晩中、人々は株式トレーダーのリンチの周りを離れない。興味津々、ひっきりなしにどの株を買うべきかと聞きたがる。パーティーの出席者の大半が株式に投資していて、自分の体験を披露する。

  • 相場の上昇が過熱し始めている証拠。

第4段階:過熱感MAX(バブル)
  • 株式トレーダーのリンチにどの株を買うべきかと教えたがる。数日後にそのお勧め株の株価を確認するとどの株も上昇している。

  • 一般にバブルと言われる相場が下がるしかない状況。

 

 <銘柄の6つのカテゴリー>

株価の動きは、会社の規模/収益構造によって異なりますが、それ以外にも「1.低成長株、2.優良株、3.急成長株、4.市況関連株、5.業績回復株、6.資産株」の6つのカテゴリーでも分類出来るそうです。 

f:id:kanamimamite:20200628195045p:plain

昨年のコロナ以降、急成長株的な動きをする銘柄が多く、テレワーク/ワクチン/サイバーセキュリティ関連等の銘柄が激しい値動きをしています。今は落ち着きましたが、昨年2-3月頃はマスク関連銘柄も急騰していました。

相場の短期的変動に惑わされないためのポイントはやはり、①成長が続くこと②財務体質が良いこと③収益性が高いことの見極めだと思います。

 また、業績回復株は、かつてのオリンパスや東芝、日立等が当てはまりますが、どこも見事に復活してきた株ばかりです。最近では、ライザップや大塚家具等も該当すると思いますが、これらは「潜在的な倒産リスクあり」という特徴があり、特にライザップは新興企業なので体力もなく、手を出す気には到底なれません。

 

<事前調査なしの株購入>

ピーター・リンチは、事前調査なしで株を買うことを「調査なしの投資はカードを見ずにポーカーをするようなものだ」と言っています。トイレットペーパーの10円、20円の安売り情報については一生懸命情報収集し比較してから購入するのに、株式投資になると情報の宝庫である有価証券報告書に目を通すこともなく、いきなり大きな金額の株を買ってしまう人って多いようです。自分含め要注意ですね。

よく「仕事の成果の8割は、事前準備で決まる」と言われますが、株式投資で勝てるかどうかも同じだと思います。事前調査をしっかり行い、上記①~③のポイントをしっかりと見極め、購入するしないの判断をしていこうと思います。 

 

 <株の動きを説明するバカげた話(実際はそんなことはないのに、皆なんとなくそのように考えている話)>

1.もうこんなに下がったのだからこれより下がりようがない

原則として株価がどこまで下がるかということにルールなど一つもない。私もレーザーテックの株価が下落していたので、これ以上下がらないと思ってナンピン買いし続けたら4回もナンピン買いしてしまったという苦い思い出があります。。。

2.株価が底値にきたら、それとわかるものだ

下落している株を底値で拾おうというのは、落ちてくるナイフを素手でつかむようなもの。ナイフが地面に突き刺さり、しばらく揺れ動いた後、しっかりと止まってからつかむのが正しいやり方である。

3.こんなに株価が上がってしまって、これ以上の上値などあるはずがない

レーザーテックにエムスリー、バルミューダ等、本当にその通りの株価の動きをするpターンが多いです。で我慢できずにエントリーするとその翌日から下がり出すみたいな・・・。

4.わずか三ドル。何を失うというのだろう。

100万円分の投資資金で、安い株を買っても高い株を買ってもどちらもゼロになってしまえば、全てを失うことに変わりはない。

5.結局、株価は戻る

ブログを始める前ですが、長期間サンリオ(8136)の株が塩漬けになったことがありました。。。2016年頃に一時4,000円を超えていた株価が下がり始め、2,500円を切ったくらいで買ったのですが、その後も下がり続け、ずっと2,000円前後を行ったり来たり。。。結局、含み損を解消できず損切りしてしまいましたが、いまだに株価は戻っていません(2/5終値1,702円)。もっと早く損切りして、貴重な資金と時間を有効活用すべきでした。

6.夜明け前はいつも一番暗い

昨年コロナショックの際に三菱地所の株価が2,100円くらいから200円ほど下げて1,900円くらいになった後に、その後もう一段階下落して1,600円を切ったことがありました。それが夜明け前からと思ったら更に再度大幅下落し、結局一時1,291円まで下がったことがありました。ピーター・リンチ曰く、「”夜明け前はいつも一番くらい”というのはときには本当だろうが、その他のときには”真っ暗になる前がいつも一番暗い”」のだそうです。

7.10ドルに戻ったら売る

落ち込んだ株は、戻ったら売ろうと決めている線まで戻ることはない。サンリオ株が塩漬けになった時は、まさにそうでした。

8.何を心配することがあろう。保守的な株はあまり値が動くことはないのに

私は買ったことありませんが、東北大震災前に東京電力の株を買っていた方は、まさかこんなことになるとは思っていなかったでしょう。

9.何かが起こるには、もう時間がたちすぎている

何か素晴らしいことが起こるのを待ちくたびれて、その株を手放した途端、翌日、その素晴らしいことが起こったりする。これは、結果的に株価が上昇すればいいけど、そのまま上がらずに塩漬けになって時間を無駄にするリスクもあるし、難しいですね。

10.得べかりし利益、なぜ買わなかったのだろう

誰かが利益を得たことを自分の損失と考えてはいけない。そういう考えだと、その機会損失を取り戻そうと、買うべきでない株を買って本当に損をすることになる。

11.これは逃してしまったが、次は捕まえよう

株価が上昇した株を持っていなかったからといって、何も損をしたわけではない。機会損失を取り戻そうと、株価が上昇した株の類似株を購入したりしないで(たいてい損する)、高くても本命のよい会社を買う方がよい。

12.株価は上がったのだから正しかった。下がってしまったから間違っていたのだろう。

デイトレーダーでもない限り、短期の株価の変動で騒ぎまくるのはナンセンスとのこと。

 

ちなみに、ピーター・リンチはこの本の中で、専門家の株価予想を信じるなと言っています。理由は単純明快「当たらないから」だそうです。これからも専門家の話は参考程度にしておいて、自分の頭で考え、仮説を立て、実行し、検証するというPDCAのサイクルを回していくことが重要だなと思います。

 

SBI証券[旧イー・トレード証券] SBI証券[旧イー・トレード証券]