株式投資 週末振り返り:11/2週 モーサテ専門家予想結果(1勝3敗)

週末は株式市場がお休みなので、今週一週間のモーサテ専門家予想の結果をまとめながら一週間の日経平均の動きを振り返ってみました。 

■ モーサテ専門家予想 結果:1勝3敗

f:id:kanamimamite:20201107101504p:plain

今週のモーサテ専門家予想は、1勝3敗でした。( ※アナリストの右側の(  )は、記録を付け始めた20年5月7日以降の成績)。

 

月曜:和キャピタル 村松さん ハズレ(3勝3敗)

今週は、足元のコロナ感染再拡大、重要な経済指標、FOMC、決算発表等盛り沢山だが、やはりアメリカ大統領選挙、それに伴う暴動・テロも含めて注目されるとのこと。どうしても中長期的な投資家のスタンスというよりは、当日は短期筋・投機筋中心のマーケットになると思うので相当上下に振れやすい展開になるとの予想。

結果は、全く振れることなく日経平均は上げ続け、1週間で+1,348円も上昇する爆上げとなり大ハズレ。金曜の終値は、村松さんの予想レンジの上限の23,580円から+745円の24,325円となり、29年ぶりの高値となりました。

 

火曜:祝日(文化の日)

今日は祝日なので東京市場は休場でしたが、米国株は大統領選挙前なのに大幅上昇。アメリカ人は、不安になって売らないのかなーと不思議な結果となりました。株は本当に難しいです。。。

 

水曜:三菱UFJモルガン・スタンレー証券 藤戸さん 当たり(4勝2敗)

昨日の東京市場が休みの間に欧米株、アジア株は大幅高なので、日本は2日分を織り込みにくる。マーケットは決まらない不透明感を一番嫌気していたが、今日から数日後には間違いなく決まるし、過去の大統領選挙後の株価の動きを見ると、終わった後は株価上昇し、年末に年初来高値をつけることになるパターンが多いため、早ければ今日24,000円もあり得るとの予想。

結果は、昨晩の米国株の大幅高を受け、東京市場も大幅な上昇。バイデン有利でもトランプ有利でもどちらでも上昇となり、予想レンジ下限ギリギリを少し上回った程度で、24,000円には全然届きませんでしたが、一応正解。

 

木曜:マネックス証券 広木さん ハズレ(6勝2敗)

アメリカ大統領選挙の結果はまだわからないが、トリプルブルーのシナリオが避けられそうとのことで、金利上昇圧力がかからない、むしろ金利低下ということで、株式市場にとってはポジティブな動き。米国株の大幅高を受けて、日経平均も24,000円を試す展開もあるのではないかとの予想。

結果は、24,000円の壁を突破し、2年ぶりの高値水準。勢いが良すぎて予想レンジ上限の24,100円を超えてしまい、予想ハズレ。

 

金曜:インベストラスト 福永さん ハズレ(7勝1敗)

大統領選挙の動きで、昨日大きく上昇したものの、今日に限ってはFOMCが政策を維持したことで先物は上がっているものの、週末かつ為替が若干円高に振れていることから午後に急変する可能性もありということで予想のレンジは下限を少し大きくとったとのことでした。

結果は、午後急変することもなく、今日も大幅に上げて4日続伸。1991年11月以来の高値をつけ、予想はハズレ。

 

今週の専門家予想は、1勝3敗と大きく負け越し。専門家の予想はあまりあてにならないなあ、と感じた一週間でした。

しかし、予想というのは難しいですね。私も月曜日に大統領選挙後の株価の動きを、不安になった投資家が現金化してやり過ごそうとするのではないかと利益確定売り・損失拡大回避の損切りで売りが殺到するも、一旦株価が下落した後に再び買戻しが入って再び上昇すると個人的には予想していましたが、結果は、日経平均は上げ続け、1週間で+1,348円も上昇したので大ハズレ。もしも私がテレビでこんな予想をしていたら赤っ恥をかくところでした。

 

しかし、上げ相場の時に自分の保有株だけ株価が下がっていくと世の中の不幸が全て私に降りかかっている錯覚を覚えます。。。来週は、(私の保有株にとって)いい展開になりますように🙏

週末、先週のことは忘れてしっかり休み、英気を養って来週の相場に備えます💪

 

SBI証券[旧イー・トレード証券] SBI証券[旧イー・トレード証券]