株式投資 週末振り返り:9/28週 モーサテ専門家予想結果(1勝3敗1無効)

週末は株式市場がお休みなので、今週一週間のモーサテ専門家予想の結果をまとめながら一週間の日経平均の動きを振り返ってみました。 

■ モーサテ専門家予想 結果:1勝3敗1無効

f:id:kanamimamite:20201003111832p:plain

今週のモーサテ専門家予想は、1勝3敗1無効でした。低レベルな罵り合いで投資家心理を冷やしたアメリカ大統領のテレビ討論会やトランプ大統領のコロナ感染等、予想出来ない出来事がいろいろあり、アナリストの予想結果もボロボロでした。( ※アナリストの右側の(  )は、記録を付け始めた20年5月7日以降の成績)。

 

月曜:東海東京貯砂センター 仙石さん 当たり(5勝2敗)

今週は、米国株式市場の動向を睨みながらの1週間になる。大統領の公開討論会やIMSのは発表もあり材料が目白押しで、IMSの数字がしっかりしたものが出てこれば、米国経済の回復期待も高まりやすく、株価も堅調に推移するだろう。また今日は、9月末権利付き最終日で配当の権利取り、及び配当の再投資が入ってくるので、底堅く推移するだろうとの予想。

結果は、その通りの動きとなりました。さすがに金曜にトランプさんがコロナに感染するとは思っていなかったと思いますが、レンジ幅700円も取っていたので、見事にレンジ内に収まりました。

 

火曜:岩井コスモ証券 林さん ハズレ(1勝3敗)

欧米株高の一方で、日本株は配当権利落ちが150円程度想定されているので、やや軟調な動きとの予想。また今夜、アメリカ大統領選挙のテレビ討論会が控えているので、終日買い手控えムードになるのではないかとのこと。

結果は、配当再投資や日銀のETF買い期待から上昇し、配当権利落ち分の150円分をカバー、逆に上昇。予想とは逆の結果となりました。

林さんは、波乱の秋から年末にかけて、例年米国株よりも日本株有利の傾向があるので、年末には、24,000円~25,000円に上昇すると予想しているとのこと。実績も1勝3敗とイマイチなのでこの予想も本当かなーとちょっと懐疑的です。

 

水曜:DZHフィナンシャルリサーチ 東野さん ハズレ(3勝3敗)

米国株は下げたものの、日本株は昨日配当権利落ち分約142円を即日戻しており、期初から見ると半期ベースの高値圏。但し、今日は前場中にアメリカ大統領選挙のテレビ討論会があるので、時間外で取引されるNYダウ先物の値動きに神経質になる動きとの予想。

結果は、予想通りでしたが、予想した以上にテレビ討論会の内容がトランプさんとバイデンさんが罵り合い、途中トランプさんが司会者の方とも言い合いを始めてしまうというプロレスのような展開で、みんな嫌気がしたのか、NYダウ先物が急落し、それを受けて日経平均も急落。東野さんの予想以上に下がってしまい、結果はハズレ。


木曜:楽天証券経済研究所 香川さん 東証システムトラブルで終日取引停止・・・

昨晩の米国株は反発、ワシントン情勢をめぐる不透明感は拭えないが民間版雇用統計が堅調だったことで東京市場も反発して始まりそう。また、国内では、本日からGo To キャンペーンの対象に東京発着が対象になるので、経済復興期待には好材料、ただ雇用統計の発表が明日に控えているので後場は見送り気分となりそうとの予想。

結果は、なんと東証システムトラブルで主日取引停止・・・。

 

金曜:ニッセイ基礎研究所 井出さん ハズレ(4勝2敗)

本日から取引再開される予定だが、先物価格は比較的落ち着いているので、現物株もそこまで大きな動きはないだろうとの予想。今晩、米雇用統計が控えているので、日中は、やや様子見ムードが強まるだろうとのこと。

結果は、まさかのトランプさんコロナ感染で午後急落。。。さすがにこれは予想出来ませんね。

 

今週は東証のシステムトラブルが発生したり、トランプさんがコロナに感染したりと、想定外の出来事がいろいろあった1週間でした。

世の中、何が起こるかわかりませんね。来週は株価が上昇する想定外の""いい"出来事が起きることを期待して、週末、しっかり休んで、英気を養って来週の相場に備えます!

 

 

SBI証券[旧イー・トレード証券] SBI証券[旧イー・トレード証券]