株式投資 95日目:成長株と割安株を2銘柄ずつ購入

f:id:kanamimamite:20200923153011p:plain

■ 今日の日経平均株価

4連休中に欧米株市場が下落したこともあり、東京市場も寄付き直後は下げたものの、後場にかけて、日銀のETF買い期待、配当狙いの買い、押し目買い等から終値は先週末と同等まで回復。

 

■ 本日の取引 &保有株動向

今日は久しぶりにいろいろ買ってしまいました。爆発力に期待の成長株と長期保有しようと思う割安株をそれぞれ2銘柄ずつ買ってみました。

成長株:<メドレー(4480)&メドピア(6095)>

今はやりの医療関連銘柄から2つ選んでみました。医療関連と言えば、私も以前保有していたエムスリーが代表銘柄ですが、さすがに時価総額が大きくなりすぎてしまったので、爆発力がありそうでまだまだ成長余地が大きいこの2社を選んでみました。

今日は2銘柄とも上昇し、メドレー:+315円(+6.83%)、メドピア:+225円(+4.91%)とかなり大きく上げましたので、明日はちょっと下げるかもしれませんが、今後の爆発力に期待です。

 ↑ちなみにエムスリーは、この頃はまだ株価4,000円前後だったんですけどねー。今日の終値は6,550円なのでずいぶん上昇してしまいました。

 

割安株:<エイジス(4659)&Casa(7196)>

私の自己流Valuationで 割安と出ている2銘柄を購入しました。

エイジスは、以前がっちりマンデーで取り上げられていた棚卸代行の会社で、一般の人には知られていないけど、営業利益率も約15%と高く、小売り業界を裏方で支えるユニークな会社です。

先週末の株価は終値2,686円なのですが、私の自己流Valuationで4,300円~5,300円と試算しており、非常に割安と見ています。

棚卸は決算前に必ず必要となるものですし、当分この作業がなくなることはないと思います。エイジスの存在意義が危うくなるとすれば、商品全数にICタグが付くことが標準となってしまう場合くらいでしょうか?でも私が社会人になった2000年代前半から、ICタグが爆発的に普及すると言われ続けて、いまだにICタグの製造単価が下がらず、あまり普及していないので、当分は大丈夫だと思います。ということでたまに利食いすることはあるかもしれませんが、長期で保有したいと思っています。 

 

Casaは、私がブログを始めるきっかけをつくってくれた方が、割安投資先として紹介してくれた家賃保証をビジネスにしているユニークな会社です。不動産賃貸契約を結ぶ際に、必要となる家賃保証を、入居者とCasa社が保証委託契約を結び、Casa社が入居者に代わりに大家さんと賃貸保証契約を結んでくれるというものです。

入居者から払ってもらう初回保証料と年間保証料が売上となりますので、ストックビジネスで安定した収益をあげている点も安心感がありますし、営業利益率も15%ほどあるので、稼ぐ力も強いです。

先週末の株価は終値1,274円なのですが、私の自己流Valuationで1,200円~1,700円と試算しており、こちらも割安と見ています。こちらも長期で保有したいと思っています。

 

■ 20年9月23日(水)時点 保有資産13,313,880円(+1,313,880円) 

保有株数 取得単価 現在値 評価損益
4480 メドレー    
200 4,903 4,930 +5,400
4659 エイジス   
500 2,652 2,698 +23,000
6095 メドピア   
200 4,813 4,810 -600
7196 Casa   
500 1,241 1,231 -5,000

保有株式 評価損益合計:+22,800円(+0.59%)

 

SBI証券[旧イー・トレード証券] SBI証券[旧イー・トレード証券]