株式投資 週末振り返り:9/14週 モーサテ専門家予想結果(5勝0敗)

週末は株式市場がお休みなので、今週一週間のモーサテ専門家予想の結果をまとめながら一週間の日経平均の動きを振り返ってみました。 

■ モーサテ専門家予想 結果:5勝0敗

f:id:kanamimamite:20200918230439p:plain

今週のモーサテ専門家予想は、5勝0敗でした( ※アナリストの右側の(  )は、記録を付け始めた20年5月7日以降の成績)。

 

月曜:和キャピタル 村松さん 当たり(3勝2敗)

今週米国では、TikTokの売却期限、ファーウェイへの規制強化、Apple新製品発表会、FOMC等と材料盛沢山の中、注目は足元のハイテク株の調整が今週終了するのかどうか。日本では、菅新総理誕生のご祝儀買いのムードがあるものの週後半は4連休を前に少しダレるとの予想。結果は、ご祝儀買いというよりも菅銘柄の旧電電関連企業の株価はあがるもの、携帯料金引き下げで狙い撃ちされた携帯キャリアの株価が下がるといった感じで、4連休前の金曜もあまり下げませんでした。

 

火曜:三菱UFJモルガン・スタンレー証券 藤戸さん 当たり(2勝1敗)

今までの上昇ピッチがかなり速かったこと、また若干円高傾向にあることから、利益確定売りが出そうとのこと。但し、菅政権への期待、及び9月末の配当取りもあるので底堅い動きになりそうとの予想。

結果は、利益確定売りが優勢で予想通りの展開。9月末の配当取りにはちょっと早かったのかあまり買いの要因にはならなかったようです。

 

水曜:智剣・Oskarグループ 大川さん 当たり(2勝0敗)

FOMCの思惑もあってドル安円高が継続。最近の日本株の見直し買いから下値自体は限定されそうだか、円高が重しとなって上値も重く、身動きとりにくい状況になるとの予想。結果は、その通りの展開で見事正解。


木曜:岡三証券 松本さん 当たり(3勝1敗)

米国株は安定していたものの、円高傾向がマイナス要因、かつ先週から続いている政治への期待が材料出尽くしの動きが続くとの予想。結果は、予想通りの展開で見事正解。

 

金曜:大和証券 壁谷さん 当たり(2勝4敗)

勝率がイマイチの壁谷さんの予想が当たりました!なんか嬉しいです。

昨夜の米国株の下落と円高進行を受けて、寄り付きでやや下げた後、4連休前の様子見でもみ合いの展開になるとの予想で、結果はそのものずばりの動きとなりました。

 

 

今週末は4連休なので、しっかり休んで、英気を養って来週の相場に備えます!

 

 

SBI証券[旧イー・トレード証券] SBI証券[旧イー・トレード証券]