株式投資 週末振り返り:8/3週 モーサテ専門家予想結果(4勝1敗)

週末は株式市場がお休みなので、今週一週間のモーサテ専門家予想の結果をまとめてみました。 

■ モーサテ専門家予想 結果:4勝1敗

f:id:kanamimamite:20200807194438p:plain

今週のモーサテ専門家予想は、4勝1敗でした( ※アナリストの右側の(  )は、記録を付け始めた20年5月7日以降の成績)。

月曜:大和証券 石黒さん 当たり(2勝2敗)

今週は、ボラティリティはあるが下値は限定的、引き続き企業決算に注目ではあるが、足元の円高が一服していること、今週中にアメリカの追加の経済対策がまとまるということへの期待から値を戻すとの予想。結局、月曜、火曜の2日間で大きく上げて、その後続落というパターンで金額予想は当たったものの、900円もレンジ取れば当たる可能性の方が高いと思います。尚、アメリカの追加経済対策は、今週まとまらなかったものの米国株は連日の上昇で、NASDAQは史上最高値を続伸。

 

火曜:三井住友DSAM 市川さん ハズレ(2勝2敗)

前日の好調な経済指標を受けて株高だったこと、円安の進行もあるので続伸が見込まれる。但し、国内企業の決算発表が控えているため上値は重いとの予想。予想内容は合っていたものの、上値は思ったよりも重くなく予想をオーバーし、予想ハズレ。

 

水曜:東海東京調査センター 仙石さん 当たり(3勝2敗)

この2日間、株価の上昇戻りピッチが速いため、今日は戻り売りに押される上値が重いもみあいの展開との予想。2日間で+900円弱の上昇と来ているが、夏場は22,000円~23,000円のレンジとのこと。結果は、予想通り利益確定売りに押されるものの、午後日銀のETF買いへの期待から値を戻し見事正解。

 

木曜:ニッセイ基礎研究所 井出さん 当たり(3勝1敗)

米国株は上昇するも、日経平均先物が反応していないので昨日の終値くらいで始まり、日中は目立った材料なし、明日雇用統計が控えているので、決算が発表された銘柄の物色中心の動きとの予想。結果は正解でしたが、予想内容に具体性がないので、読み通りで当たったのか、たまたま当たったのかよくわかりません。

 

金曜:マネックス証券 広木さん 当たり(2勝1敗)

決算発表は昨日のトヨタで一山超えて、今日の夜にアメリカの雇用統計が控えていること、及び月曜日が祝日で3連休となるため様子見気運が強いのではないかとの予想。但し、みんなが動きずらい時は、短期的な仕掛け売りで相場が崩れやすいので注意したいとのことでした。

予想とは関係ないのですが、広木さんが任天堂の好決算について、以下のようにコメントされてました。

  • 単純にswitchやあつまれ動物の森(あつ森)が売れたというだけでなく、あつ森の新たな価値がコロナ禍で認められたということ。
  • つまり外出出来ない人達が、プラットフォームとしての交流の場としてあつ森を活用した。
  • 日本には、GAFAのようなプラットフォーマーが出てこないとよく言われるが、任天堂が日本のプラットフォーマーになったと思う。

本当にその通りだと思います。任天堂は、私が小学生の時にファミコンを発売し、その後、常にゲーム業界を牽引してきた企業です。京都の花札の会社が、今や世界のプラットフォーマーだと思うと感慨深いものがあります。株主になりたいですが、最低購入金額が約500万円だとちょっと厳しいですね。

 

 

 来週は、マークラインズの株価が上昇しますように!

 

 

SBI証券[旧イー・トレード証券] SBI証券[旧イー・トレード証券]