建玉(たてぎょく)

今週木曜のモーサテで、大和証券 石黒さんは、東京市場は高値警戒感と日米企業の決算期待が綱引きの膠着状態が続いているが、日経平均Call Optionが24,000円の建玉が膨らんできているので、先高期待が高まっており、また中国の経済指標が景気の回復を示すものとなれば23,000を超える可能性もあるとの予想でした。

 

で、建玉ってなんだろうと思ってSMBC日興証券のWebサイトで調べてみました。 

www.smbcnikko.co.jp

読んでもイマイチよくわからないですね。

 

ちなみに結果は、前日の上げの反動で利益確定売りが優勢で、かつ半導体関連株が下落し予想とは全然違う展開でハズレてました。中国の経済指標は良かったものの、コロナの件で改めて中国の統計の胡散臭さが認識されてしまったのか、株価上昇の材料にはならなかったようです。

専門家の方はいろいろ理由付けして株価の変動を予想されていますが、結局は新型コロナのワクチン開発の進展と新規感染者数の増減、加えて米中対立の3つでほとんど決まっているような気がします。

 

SBI証券[旧イー・トレード証券] SBI証券[旧イー・トレード証券]