株式投資 37日目:オービック(4684)の異常な財務体質

■ 本日の取引 

こんな感じが3日間続き、ついに我慢できず、株を購入してしまいました。

 f:id:kanamimamite:20200624210518p:plain

東京市場は、大きく下がりそうで下がらない気持ち悪い展開が一週間続いたので、 万が一急落してもすぐに株価を戻してくれそうな実力ある銘柄ということで、本業の稼ぐ強さを示す営業利益率が高い会社2社の株式を購入しました。

一つがオービック(4684)で、この会社の営業利益率は異常に高く53.7%もあります。

オービックの20年3月期のPLとBSは以下の通りです。

f:id:kanamimamite:20200626214626p:plain

私が勤める三菱系の某大手メーカーは、製造業ということもあり営業利益率は約6%なので、業界や企業規模、製造設備・研究開発等への投資等の差はあるとはいえ、比較するととんでもない数字です。オービックの20年3月期の売上は805億円ですが、もしも私の会社の利益率6%で、同じ営業利益432億円を稼ごうとすると、なんと7,200億円もの売上が必要ということになります。

営業利益率が高いということは、さまざまな面で競争優位性がある証拠です。

また財務体質も非常に強固で、現預金が1,296億円と総資産の半分を現預金が占めており、また有利子負債はなく、毎年純利益を剰余金として積み上げていってり、自己資本比率は驚異の90.1%となっております。

もう1っ社は、なかなか株価が下がらないもののマークラインズ(3901)を購入。こちらも以前ブログに書いたように、営業利益率が33-37%と非常に高い優良企業です。株価はちょっと高めですが、市場が不安定な時こそ、本業での稼ぐ力の強い銘柄を買っておくのが間違いないかと思います。

 

■ 20年6月26日(金)時点 保有資産13,312,959円(+1,312,959円

保有株数 取得単価 現在値 評価損益
3901 マークラインズ   
200 2,347 2,323 -4,800
4684 オービック    
100 19,461 19,460 -100

保有株式 評価損益合計:-4,900円

 

■ モーサテ 今日の専門家予想   〇:当たり

f:id:kanamimamite:20200626193318p:plain

NYダウは反発したものの、海外投資家が直近2週間で現物先物合算で売り越しに転じてきているので買戻し一巡感というところが重しになると見ている。国内では配当の再投資が活発化すると見られているので今日一日は堅調と見ているとの予想。

結果は、石黒さんの予想通りの動きとなり見事に正解。

 

 

SBI証券[旧イー・トレード証券] SBI証券[旧イー・トレード証券]