株式投資 33日目:世界には不確実な要素がありすぎる

■ 本日の取引 

今日も一日静観。寄り付き直後に一旦下げたものの上げ直し、午後また下げて終値は前日比−41.52円の22,437.27円。あまり高低差がないジェットコースターみたいな動き。

どうも買い材料不足で買い手控えムードが強かったとのこと。。。今の株価は一体どこまで織り込み済みなのだろうか。もうワクチンか治療薬の完成以外の要素は全て織り込み済みなのではないかと思ってしまう。

「休むも相場」を実践していたつもりが、結果的に周りと同じ買い手控えムードの同じ動きをしてしまっていたみたい。「人の行く裏に道あり花の山」って難しいですね。たぶんみんな買いたくてウズウズしているハズなので、ここは先に動いたら負けな気がする、たぶん。株式投資の師匠の父からは、マーケットから完全に離れると感覚が鈍るから100株だけでも買っといた方がいいぞ、と言われましたが、今日も一日耐えたので明日ももう一日頑張って様子見します。

 

■ 20年6月22日(月)時点 保有資産13,234,972円(+1,234,972円

保有株式 評価損益合計:±0円

 

■ モーサテ 今日の専門家予想   ✖:ハズレ(6/26更新)

f:id:kanamimamite:20200622204117p:plain

毎週月曜日は、今週の予想レンジなので、週末に結果を更新します。

先週末のNYダウが安く終わったことを受け、今日も軟調に始まるが利食い売りに押されて上値が遅い展開、それほど値幅が出るとは思っていないが、やや弱めの1週間になるとの予想。今週は特に大きなイベントもなさそうだし、なんとなく松本さんの予想が当たりそうな感じ。

でも、①北京で感染第2波が発生しており政府当局が威信をかけ徹底的に対策中なるも感染拡大、②トランプ大統領の選挙集会の陣営スタッフが6名新型コロナに感染しており、今後集会参加者の中からも感染者が出て感染第2波が発生、③28-30日に開催される全人代常務委員会にて香港国家安全法案が可決される可能性が出てきたことによる民主化運動の過激化、④南北共同連絡事務所を爆破をした北朝鮮が予想もつかない行動をとる、等不確実な要素の可能性が多いので、①~④のどれかが起きて株価が一旦大幅に下落し、21,000円前後になる可能性もあるのではないかと思っています。

と、書いていたら、改めてやっぱりしばらく株は買わない方がいい気がしてきたのと、なんで日経平均がこんなに高い水準を維持出来ているのかまたわからなくなってきました(日銀のETF買い入れのおかげ?)。

 

 

SBI証券[旧イー・トレード証券] SBI証券[旧イー・トレード証券]