株式投資 31日目:伝説の投資家 ピーター・リンチの”カクテル・パーティー理論”

■ 本日の取引 

今日は取引せず静観。今読んでいるピーター・リンチの「株で勝つ」に相場の過熱感を判断する面白い理論が紹介されていました。ピーター・リンチが実際にカクテル・パーティーに参加し、周囲の人々が株の話をするのを聞いている時に思いついたとのことで、自身の経験からくるものだけに非常に説得力がある理論です。

 

 第1段階:過熱感全くなし

  • パーティーでは誰も株の話をしない。リンチが株式トレーダーであることにほとんど関心なし。株の話よりもバスケットボールや次の選挙、天候の話題が中心。
  • 株価が低迷していて、相場がまだ若く誰も上がる期待を持っておらず、人々の関心を引いていない証拠。

第2段階:過熱感ほぼなし(1の段階より株式市場が15%ほど上昇)

  • 株式トレーダーのリンチに対して、パーティーの出席者は「株式市場がどんなにリスキーか」等と話してくれるが、全体としては、まだ一般の関心は薄い。

第3段階:過熱感出始め(1の段階より株式市場が30%ほど上昇)

  • ひと晩中、人々は株式トレーダーのリンチの周りを離れない。興味津々、ひっきりなしにどの株を買うべきかと聞きたがる。パーティーの出席者の大半が株式に投資していて、自分の体験を披露する。
  • 相場の上昇が過熱し始めている証拠。

第4段階:過熱感MAX(バブル)

  • 株式トレーダーのリンチにどの株を買うべきかと教えたがる。数日後にそのお勧め株の株価を確認するとどの株も上昇している。
  • 一般にバブルと言われる相場が下がるしかない状況。

 

 

私の姉は普段株の話なんてしないのですが、一昨日、姉が父から聞いたらしくレーザーテック(6920)を9,500円で指値したけど購入出来なかったと言ってきたのを聞いた時にまさにカクテル・パーティー理論でいうところの第4段階で、やはりもうバブルなんだなあと改めて認識。昨日、保有株は全て売却したので、しばらく株は買わずに2番底が来るのを待とうと思います。ジム・ロジャーズも2番底はすぐ来るよ、と言ってますので、少なくとも今週中は静観します。

 

■ 20年6月18日(木)時点 保有資産13,234,972円(+1,234,972円

保有株式 評価損益合計:±0円

 

■ モーサテ 今日の専門家予想   〇:当たり

f:id:kanamimamite:20200618150559p:plain

昨夜のNYダウが下げているので、上値は重い展開だが、押し目買いを狙っている投資家も多いと思うので横ばいになりそうとの予想。

結果は、NYダウの下落、及び北朝鮮を巡る緊張の高まりもあり、為替が1㌦=106円台後半と円高が進行。利益確定売りが優勢となり一時前日比-300円を超える場面もあったものの、日銀のETF買い入れの期待もあり、終値は前日比-100.30円の22,355.46円。前回も250円のレンジで正解しており、今回も200円のレンジで見事に正解。

毎日予想結果をチェックしているので、専門家もピンキリで、参考にしてもいいと思う人と全く信用出来ないなあという人がだんだん分かってきました。

 

 

 

 

SBI証券[旧イー・トレード証券] SBI証券[旧イー・トレード証券]